AHIOアニマルハーブボール国際協会

AHIOアニマルハーブボール国際協会の

オーガニックハーブ

 

社会貢献と、サムンプライファームプロジェクト

タイの伝統医療の中でも自然のハーブ(サムンプライ)を使った
療法は数多くあります。中でも、ハーブボールは庶民の生活に根
ざした民間療法として何百年もの間受け継がれて来ました。そし
てタイ民族の知識の中にはそのハーブの知識を健康のために役立
てる先祖からの知恵がたくさんあります。
タイはもともと農業国です。多くの人が農業に携わり、その技術の
中にはハーブの栽培の知識も多くあります。しかし、現代社会にお
いてはあらゆる物に利便性が求められ、その農家の方達は活躍の場
所が無くなりつつあるのが現状です。
タイ北部、中でもチェンライ県はタイ国最北端の山岳部に位置し、またミャンマーやラオスとの国境を有し、昔から文化や民族の交流の要所として栄えていました。しかし農業を生業とする人々の中でもとりわけ山岳民族の人々にとっては荒地の多い土地では充分な収穫もなく、また生活環境も整備されておらず、貧困を余儀なくされていました。子供達も幼い頃より働かざるを得ない状況が続き、十分な教育も受けられず貧困の悪循環が続いています。以前はケシの花(アヘン)の栽培などで収入を得ていた時代もありましたが、時代が移り変わる中で人々の生活が立ち行くようになるには、彼ら自身が安心して且つ継続して働ける労働・生活環境を確保しバックアップしていくことがとても重要です。
しかし、こうした活動は外部からの働きかけがないと困難な面があり、そのために何か手助けができればというところから、このプロジェクトは生まれました。彼らの生活を向上させるのは彼ら自身の意思と努力が必要と考え、彼らが代々培ってきた農業の知識を活かせる場を提供していくことが大切なのです。
農園で作られた良質のハーブを加工・製品化し流通させることで農家の方にとって雇用を生み出し十分な収入を得てもらい、子供達が働かずに学校で学べるように生活支援をすることが、このプロジェクトの目的です。
 
 
 
 
 
 
タイの医療は19世紀後半より長い間、西洋医学偏重の流れにありましたが、サムンプライファームプロジェクトの研究グループは「産後の女性の肥立ちケア」「ハーブボール」「ハーブサウナ」などを含む、タイ伝統医療を現代に復活させてきました。2002年にはタイ保健省によりタイ伝統医療開発局も設立され、多くの国私立大学で伝統医療学部が設置され、ラムカムヘン大学などの一部の大学ではこれらのハーブ療法をカリキュラムに取り入れています。また、国私立病院でも「産後の女性の肥立ちケア」を取り入れ、出産後の健康をケアする手法として役立っています。
タイや日本の各タイマッサージスクールにおいても従来は、タイ式マッサージが主なカリキュラムでしたが、今ではこれらハーブ療法に関連した施術を教えるところが増えてきています。サムンプライファームプロジェクトでは現在、チェンライ県にて4,000ライ(東京ドーム約140個分)の広さの山岳地を、ロイヤルプロジェクト(タイ国王が中心となる地域活性プロジェクト)の一つ、ドイトゥンプロジェクトの協力を得て無償で譲り受けています。 これらの土地を地域の農家の方たちにそのまま無償で提供しています。
 
このような思いでオーガニック栽培された良質なサムンプライ(タイハーブ)を、当会では使用しています。そうすることで、日々の暮らしの中で、人も動物も、健康維持のために役立てることができ、かつ社会貢献につながっています。
 
当会のハーブは、完全オーガニック栽培、無農薬、有機肥料で栽培したハーブです。
大量の在庫は置かず、ご注文ごとに少量ずつ製造しています。
チェンライ県のハーブ農園からバンコクの加工場に届いた材料で製品を作り、直接購入者にお届けいたしますので鮮度もとても良く香りも抜群です。
 
チェンライ県産ハーブ配合。
圧縮パック。酸素吸収剤入り。
未開封で約1年保存可能。
使用後は袋に入れて冷蔵庫で保管し、約
1~2週間使用できます。