AHIOアニマルハーブボール国際協会

協会の思い

タイの伝統療法のハーブボールを使用し、人と暮らす愛玩動物たちの健康の保持増進、病気予防を役立てることを目的とした活動を行います。動物に適したハーブの選定や施術テクニックなどを、動物医療分野、タイマッサージ専門機関と協力しながら、ホームケアとして普及啓蒙して参ります。

タイは長く高貴な歴史を持つ国です。他のアジアの文化の発展と同じように、タイには何世紀にも渡り、経験主義に基づいた臨床的に実践されてきた伝統医学が存在しているのです。

タイではその昔から日常生活の中でマッサージは自然に行われています。家族の中で、友達と、といったように身近な環境でごく普通に行われています。マッサージする側は相手が喜んでくれればそれが自分の幸せに、受ける側は自然に感謝の気持ちを言葉にします。その意味においてマッサージはとても簡単で、またこれほど相手に気持ちが伝わるものは他にありません。このように、伝えられた知識や教えを家族である動物たちにも伝えていきたいと思います。その後は今度はあなたが動物たちにそれを伝える番です。一人でも多くの飼い主、動物たちにタイ伝統マッサージの恩恵が授かるように、これからも伝え続けて行くことが私たち協会に課せられた使命だと考えています。

 

もっと見る

タイ伝統医療と精神

タイの伝統医療はその歴史上、主に薬草の研究に重点が置かれていました。スコータイ王朝のはるか昔、まだタワラワディー王国の時代に薬草を調合したと思われる石器(すり鉢・すりこぎ)などが発見されています。またクメール王朝時代には当時の王が102のアロカヤ病院を設立し治療にあたったとされています。その後スコータイ王朝の時代にはサムンプライ農園が作られ、王の管理のもと薬草が研究・栽培され、さらにアユタヤ時代に入ると民間療法としてしてのパナライ薬方書がまとめられ治療の指針となりましたが、その後のビルマによる侵攻により貴重な経典とともに多くの大切な文献も失われてしまいました。そして18世紀末にチャクリー王朝に変わり、残されていた知識をまとめてワットポーに保存されたのですが、海外貿易が盛んになるにつれて、徐々に西洋医学が広まり伝統医療の役割が薄れてくるようになりました。そして20世紀初頭には伝統医療の研究自体が停止されてしまいました。しかし今日、西洋文化の流入により今までは少なかった生活習慣病などが見られるようになり、従来の伝統医療の良さがまた見直されてきています。ここで採り上げている伝統医療とは主にハーブ療法のことで、内的(食べる・飲む・吸う)や外的(塗る・サウナ・マッサージ)などがあります。
これらの治療・技術に共通して言えることがあります。それは人を思いやるという気持ちです。仏教の教えの中で「プロムウィハンシー」という教えがあります。それはメータ(慈)・カルナー(悲)・ムティタ(喜)・ウベカ(捨)の4つの無量心をもって相手に接するというものです。「慈」は例え敵に対してでも慈愛・哀れみの気持ちを表し、まるで母親の愛のような情熱を相手に注ぎ続ける心、「悲」は悲しみ・苦しみを持つ人たちを助け正しい道へと導く思いやりの心、「喜」は周りの人々全てに感謝し、相手が例え自分より恵まれていてもその幸せに共感し、ともに喜ぶ心、そして「捨」は俗念を捨て平常心を保とうとする心です。タイ伝統医療の基本はまさにこの心に集約されており、現在、皆さんの身近にあるタイ式マッサージやハーブボールといった施術の中にも垣間見ることができます。また自分の体調が優れない時やいらいらしている時などは相手にその気持ちが伝わってしまうものです。医療を人に施す者は常日頃より健康に留意し維持するように努める必要があります。
 

 

〒162-0042 東京都新宿区早稲田町83-3-B1F 

AHIOアニマルハーブボール国際協会事務局

TEL 03(6233) 7746 不在時はメールにてお願いいたします。

© 2016 by Animal Herbball International Organization

当会は、愛玩動物のQOL向上のために活動する組織団体のアライアンス『CACIOコンパニオンアニマルケア国際機構ジャパン』のメンバーです。

watpoj